ペット消臭 ペット除菌|HUGFAM Official Site

OHラジカル式除菌・消臭ミスト

about CATs

正しいマダニ対策で犬や猫を感染症から守る方法

正しいマダニ対策で犬や猫を感染症から守る方法

犬や猫など可愛いペットにマダニが寄生してしまったら、

どのような事が起こるのでしょうか?

 

マダニ被害は犬や猫の問題だけではなく、飼い主にもさまざまな問題を及ぼします

正しい対策をして、ペットをマダニから守るようにしましょう。

 

マダニとは、8本脚からなる節足動物で、動物に寄生する機会を待ちながら、

草むらなど自然環境の中で生活をしている生き物です。

 

マダニの唯一の栄養源は動物の血液ですが、血液を吸うだけでなく、

血を吸う時に血液が固まらないように、マダニ自身の唾液を皮膚に注入します。

その唾液の中に、アレルギーを引き起こすものや、

細菌やウィルスなどの病原体が潜んでいて、その中に人にも感染するものが混じっています

 

また、マダニの唾液中には皮膚組織を破壊する物質が含まれている為、

非常に痒みが発生し、噛まれた動物が掻き毟ることにより、ひどい皮膚炎を引き起こします。

 

マダニの口には逆さ向きのトゲがあるため、

一度差し込むと中々抜けず、ペットにマダニが食いついている場合、

無理に取ろうとするとマダニの口だけが皮膚に残ってしまい、これも皮膚炎に繋がります。

ペットの犬や猫にマダニが食いついているのを発見した場合、無理に取ろうとせずに、

動物病院で処置をしてもらうことで、ひどい皮膚炎にならずに済みます

 

また、ドッグランやお散歩で草むらなどに入ることが多い犬や、

空き地や草むらに入ることが多い猫には、

普段から駆除薬を投薬することで、マダニの被害から守ることが出来ます

一般に店頭などで売られているものには、効果に限界があるものや持続性のないものが多くあります。

動物病院で扱っているもので、ペットに合った駆除薬を投薬する方が、

はるかに効果が高く、マダニからペットを守るには安全な方法ではないでしょうか?