ペット消臭 ペット除菌|HUGFAM Official Site

OHラジカル式除菌・消臭ミスト

about DOGs

犬を飼う前に知りたい初期費用はいくら?その内訳は?

犬を飼う前に知りたい初期費用はいくら?その内訳は?

犬を子犬から育てたいと考えた場合、迎える準備が必要ですね。

 その初期費用とはどのくらい掛かるものなのか、

初めて飼う場合には、検討もつかないのではないでしょうか?

 

今回は、子犬を迎えるにあたっての初期費用についてご紹介したいと思います。

 

・購入費用はいくら?

子犬を家族として迎え入れる場合、ペットショップやブリーダーから購入するのか、

知人から譲り受けるのか、その他に、里親募集で引き取るといった方法があります。

 

ペットショップやブリーダーから購入する場合、犬種や血統書の有無などにより、

その価格が違ってきます。

また、毛色や月数によっても金額に差があり、

人気の犬種は価格が跳ね上がる傾向にありますので、かなり高額での購入となるようです。

一般的に平均価格は、15万円と言われていますが、あくまでも目安ですので、

飼いたいと思う犬種がある場合は、各ペットショップなどで確認してみましょう。

 

ただし、初めて犬を飼う場合、購入するペットショップが近くにある方が、

なにかと相談にも行くこともできますので、

ご近所の信頼できるペットショップを選ぶことをオススメしたいです。

 

 

・犬の登録費用とワクチン接

犬をおうちで飼う場合は、法令により生後90日以上の犬の飼い主は「蓄犬登録」をしなければいけません。

狂犬病の予防接種を済ませたのち、注射済み証明書を持って、

30日以内に役所や保健所に登録に行きます。

狂犬病の予防接種をする動物病院によっては、

代理でこの蓄犬登録をしてくれる場合がありますので、相談してみましょう。

この「蓄犬登録」費用と予防接種費用と合わせて注射にあたり健康診断をすると、

掛かる病院にもよりますが、約1万円の費用がかかります。

 

 

・生活用品を揃えた場合の費用

犬を室内で飼う場合に必要なものは、

1.ゲージ・サークル

2.ベッド

3.食器と水入れ

4.トイレ

5.トイレシーツ

6.リードや首輪

 

これらを揃えると、おおよそ2~3万円ですが、揃えるグレードによっては、

大きく費用は変わってきます。

 

犬のグッズは、安価なものから高価なものまでありますが、丈夫で長持ちするもの。

犬が使用しやすいものを選ぶことが大切ですね。

 

以上、初期費用についてご紹介しました。

是非、可愛い犬に癒される生活を楽しんでくださいね。