ペット消臭 ペット除菌|HUGFAM Official Site

OHラジカル式除菌・消臭ミスト

about DOGs

愛犬が老犬になったときの飼い主の心構えとその知識について

愛犬が老犬になったときの飼い主の心構えとその知識について

可愛かった愛犬も、年月を過ごすと老犬と言われる年齢になります。

人と同じように、おじいちゃんやおばあちゃんになったと考える必要があります。

若かったころとは、生活のスタイルを変えて、世話の仕方や食事の内容も見直す必要がでてきます。

 

さてさて、犬は何歳からを老犬と言われるのでしょうか?

人よりも早く歳を取っていく犬は、

犬年齢で65歳くらいからを老犬の仲間入りと考えておくと良いでしょう。

小型犬であれば生後11~12年目

大型犬であれば、8~9年目ですね。

 

老犬になると見られる行動と言うものがあり、食欲の低下はどの犬にも起こりますし、

痴呆の症状である、徘徊やトイレの失敗などの症状が出てくる犬もいます。

夜中に悲しそうに鳴き声を上げる犬もいますが、体に何らかの痛みがある場合と、

不安を感じて鳴いている場合もあります。

もし、不安を感じているのであれば、

可能な限り一緒にいてあげること、添い寝をしてあげるなどの方法をとってみましょう。

 

また、消化機能の低下も始まりますので、シニア犬用のフードに変えてあげることも方法のひとつです。

老犬になっても、食べることが楽しみな犬も多いです。

できるだけ、好きなおやつを少量あげてみるなど、食欲が湧くように心掛けてあげましょう。

 

この頃になると、さまざまな病気に掛かりやすくなります。

日頃から気にかけておき、普段と違う様子を見せたときや、

体調が悪い場合、すぐにでも動物病院で診察をしてもらいましょう。

 

老犬は分離不安になる場合も多く、飼い主と離れることに不安を感じます。

時間があるときはなるべく、一緒に過ごすようにしてあげましょう。

 

老犬と暮らすことは楽なことではありません。

しかし、これまで楽しい時間をくれた愛犬には、

最後まで幸せな時間を過ごして欲しいと願うのは、どの飼い主も同じではないでしょうか?